はげないために気を付けること

はげないために気を付けること

薄毛に病気が隠れていることもある

 

急に薄毛になった場合、体の中に何か異常が生じている場合があります。主な症状としては膠原病、甲状腺疾患、糖尿病、肝臓病、腎臓病などですが、動脈硬化で血流が悪くなっても生じる可能性があります。

 

また、女性の場合は分娩後に乳汁分泌ホルモンの影響で一時的に抜け毛が増えることもあります。心配なら一度皮膚科を受診したほうがよいかもしれません。

 

また、このように体の健康と薄毛が直結する場合もあることを考えると、普段の生活習慣にも気を付けたほうがよいということになります。中でも生活で一番意識してほしいのは、しっかり睡眠を取ることです。

 

睡眠の役目は、免疫細胞やホルモンの力により、昼に受けたダメージなどを寝ている間に修復することです。肌や髪のダメージの回復は寝ている間に行われるので、寝る時間が短くなってしまうと、髪や頭皮の修復も十分に行われなくなってしまいます。毛髪へ栄養が送られにくくなることで、薄毛を促進させる可能性が高まるのです。

 

発毛は血流に大きな影響を受けることは明らかになっています。血流は交感神経と副交感神経という神経に左右されています。活動時には交感神経が働いて、血管が収縮するため、体の末端にある頭皮まで血流が届きにくくなります。

 

反対に、リラックスしている状態の時や眠っている時には副交感神経が働いて、血管が拡張するので、頭皮に充分な量の血が流れるようになるのです。

 

ストレスがかかっている時は交感神経が働きますので、「ストレスは避けるべき」といいたいところですが、日々の生活の中でそれは難しいことでしょう。しかし、なるべく睡眠時間は十分にとれるように心掛けてみてはどうでしょうか。

 

副交感神経の働きが最も活発になる22時から翌2時までが「ゴールデンタイム」と呼ばれ、成長ホルモンが最も出やすい時間帯です。ですので、この時間を目安に睡眠時間を調整するのがいいでしょう。

 

とにかく夜は早く寝て、朝に趣味などを楽しむ生活を、可能であれば実践したいものです。「早起きは三文の得」と言いますが、早起きは髪にもお得なのです。

 

真面目で完璧主義な人ほどストレスが溜まりやすいということもありますので、上手に発散することが大事になるでしょう。

 

また、ひとつの物事に没頭するタイプには薄毛が多いのも事実です。あまり突き詰めないで、気楽に生きるのが髪にはいいのです。

 

いかにストレスをためないかが大事

 

薄毛の一番の原因は遺伝ですが、それ以外のファクターと考えると、やはりストレスということになるでしょう。性格的におおらかな人のほうが抜けない……というのが、僕の経験から感じたことです。僕自身もそうですが、ストレスがすごくかかっている特に洗髪すると、普段よりも抜け毛が多いのがわかります。

 

ストレスが多くかかっているということは、交感神経が緊張している状態であり、理論的に考えると、血流は確実に悪くなっている状態なので紙が普段よりも多く抜けるのは当然のことです。

 

薄毛の方の中には、「髪にいいこと」をストイックに追求するあまり、それがストレスになってしまう例も多いので、何事も無理は禁物です。

 

ダイエットを例に出すとがわかりやすいでしょう。

 

知り合いの女性が、あるダイエットをやっているエステティックサロンに行ったところ、「あれは食べるな」「この時間に運動しろ」といろいろ厳しく指導されたことがストレスになってしまったと言っていました。それで逆に食べたい欲求で精神が不安定になるほどで、かえって太ってしまったのです。

 

髪について僕の知り合いの例では、とある発毛サロンで400万円使ったにもかかわらず発毛もしなくて、あまりに厳しい食事制限のためストレスもたまり、やめてしまったという話を聞きました。本人は、お金はともかく「生えればいい」と思っていたようですが、そんな厳しい食事制限なら本人の意思次第、お金をかけなくてもできますよね。

 

ダイエットでも発毛でも、あまりに集中してストイックになると続かないですし、逆にストレスになって悪化することもあります。ですから、むしろ気楽に試してみるくらいの気持ちでいいのですが、それがなかなかできないのも理解できます。本当は「たかが髪の毛」と思えれば一番いいのですが……。

 

ただ、薄毛の悩みがない人が「たかが髪の毛」と言うことはできても、薄毛で悩む人の気持ちを本当に理解できているかどうかは疑問です。

 

僕の知人の女性が、子どもの中学受験のストレスから髪が大量に抜けてしまったことがありました。自分で髪が抜けるという体験をして悩んで、初めて「薄毛の人の気持ちがわかりました。こんなにもつらいものなんてすね」と言っていたのが印象に残っています。

 

こうした場合、ある日突然、洗髪の時にボロボロ抜けてくることがありますから、恐怖すら感じるようです。

 

商社の仕事でアメリカに赴任した途端、ストレスで頭がツルツルになってしまって、日本仁戻ってきてから治療を開始した人もいました。アメリカでの生活に馴染めず、やはりストレスで突然抜けてしまったといいます。

 

中には、慣れ親しんだ日本に帰ってくることで、環境が戻って生えてくる人もいます。しかし、一回抜けると自分の頭皮自体がストレスになってしまい、それで生えてこないという人もいます。

 

やはり、自分か好きでやる趣味を持って、上手にストレスを発散して、ためこまないことが重要です。僕も趣味で色んなことをやりますが、好きなことをやると、少なくてもその間は悩み事は忘れることができます。

 

また、僕は仕事柄、移動が非常に多いのですが、新幹線を使って移動する間は大好きなマンガを読んでいます。「仕事しろよ!」と言われることもありますが、移動の時は仕事の資料を読んでいなければいけないなんて決まりはありません。

 

サラリーマンの人の場合、どうしても新聞を読んだり経済ニュースを知っておきたいということもあるのでしょうが、新幹線での移動中くらいは小難しいことから離れて、リラックスして自分の楽しめる時間にすることも大切なのではないでしょうか。

 

腹式呼吸で髪を強くする

 

腹式呼吸は、気功を行う際にはたいへん大事な呼吸法だと聞きます。けれど、僕は髪にとっても重要だと主張したいですね。

 

なぜなら、髪が元気な方はお腹で呼吸しているからです。

 

これはいろんな人の髪と呼吸の仕方を観察していて見つけた事実です。特に仰向けになっている体勢だと、胸からお腹にかけての様子がよくわ
かります。

 

そして、お腹が上下している、つまり腹式呼吸をしている方の頭に目をやれば、髪はイキイキとし、頭皮も健康的な青白さでした。そのうえ、あとになってもハゲないケースが多かったのです。

 

こうした例にいくつも出会い、腹式呼吸は髪を強くすると実感したわけです。

 

たかが呼吸で差が出るのかと疑うかもしれませんが、僕は逆の実例も目にしています。胸で浅い呼吸をし、おまけに不摂生を繰り返していた男性はお父さんよりも先にハゲてしまいました。彼の場合はいろいろな要因が重なったうえでのハゲではあります。ただ、腹式呼吸をしていたら、もう少し髪が長持ちしたのではないかと残念です。

 

わたしたちは生きている限り呼吸をします。どうせ呼吸するなら、髪にいい腹式呼吸に変えていきませんか。といっても、慣れないうちはどうやったらいいか戸惑うかもしれません。最初は仰向けになって行うと、感覚がつかみやすいと思います。

 

仰向けになったら、右手を胸に、左手をお腹に置きます。お腹を膨らませるように、鼻で大きく息を吸い込みます。このとき口は閉じたままにしてください。

 

息を吐くときには口を使います。口をすぼめてゆっくり吐き出しながら、左手でお腹を押し上げていきます。けっして焦らず、少しずつ吐き出すのがコツです。

 

仰向けでの腹式呼吸をマスターしたら、横向きでもトレーニングしましょう。やり方は同じです。

 

この2つができるようになれば、腹式呼吸の基礎はもう飲み込めています。あとは座ったり、立ったり、あるいは歩きながらと、徐々にいろいろな姿勢に慣らしていくだけです。

 

はじめは意識しないと胸式呼吸に戻ってしまうこともあるでしょう。しかし、頑張って続けていくうちに、いつの間にか腹式呼吸が当たり前という状態になっているはずです。

 

腹式呼吸にはため息を減らす効果もありますから、ストレスを抱えているときにも実践していただきたいと思います。

 

はげを治すなら、この育毛剤とシャンプーがオススメ!

 

 

育毛剤【CHAPUP(チャップアップ)】

人気・実力ナンバー1の育毛剤
  • 顧客満足度 第1位
  • おすすめ育毛剤 第1位
  • 最も期待できる育毛剤 第1位
  • AGA関連医師も認める効果
  • 永久返金保証付き

 

 

 

 

 

オーガニックシャンプー【Raburo(ラブロ)】

希少成分【エルゴチオネイン】配合

エルゴチオネインとは? >>

  • 細い髪の毛を太くする希少成分【エルゴチオネイン】配合
  • 肌に優しいオーガニックで老若男女問わず健康な肌になれる
  • 石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料等はすべて不使用
  • 全身洗える優しい仕上がり

 

 

 

 

 

抜け毛、薄毛の原因を根本から改善するには

 

 

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

発毛実績50,000人の育毛・発毛法
  • 一日5分で効果が実感できる育毛・発毛法
  • 薬を飲んでも効果がなかった人でも発毛できる実績
  • DVDと冊子で正しい発毛の仕方を詳しく説明
  • 育毛サロンやカツラなんかは必要なくなります
  • 365日返金保証付き