エルゴチオネイン 効果

エルゴチオネインの効果

「エルゴチオネイン」をご存知ですか

 

この成分は1909年にM.C.Tanretによって麦角から発見されたアミノ酸の一種で、その名前は麦角のergotから由来します。

 

エルゴチオネインは植物の中だけではなく、の動物血液の中にも存在し生命維持に重要な役割があることが分かっています。活性酸素に対する坑酸化作用が非常に強く、老化を抑制する効果もあり、細胞活性化にも優れています。アメリカのパブメソットと呼ばれる論文にも発表されていますが、エルゴチオネインを加えた実験で、活性酸素による神経細胞の死亡が減少した結果があります。

 

また細胞にエルゴチオネインを加えてUVを当てて炎症物質を測定したところ、増加が少なかったことから、UVに対する抗炎症作用があり、また老化防止にも役立つ可能性が高いとも発表されています。

 

僕は、このエルゴチオネインの説明を見た時は全く理解ができませんでした。どう毛髪に影響するのか未知の成分のために、詳しく調べました。

 

難しい内容ですが、できるだけ分かりやすく説明します。

 

人間の細胞の中には必ずミトコンドリアといわれる細胞が存在します。生命活動には深く関わる細胞なのですが、何かしらのストレスを受けるとミトコンドリアは活性酸素を生み出します。そのままだとミトコンドリアは死滅してしまい細胞自体もなくなってしまいます。

 

エルゴチオネインはビタミンEの7,000倍といわれる坑酸化作用の働きにより、ミトコンドリアを活性酸素から守って細胞自体を活性化させるという成分です。このエルゴチオネインは「脱毛酵素を抑制する働き」と髪を太くする「肥毛効果」が備わっています。

 

 

髪の毛の内部組織構造はジスルフィド結合と呼ばれ、アミノ酸同士が結合した構造を持っていますが、エルゴチオネインの分子群はジスルフィド結合の間に入ることができる特殊な成分なのです。それにより髪の毛が太くなるのです。

 

なぜこのように難しい説明をするかと言いますと、育毛の開発研究は未知の分野が多すぎて、どこまで信じていいか分からないためなのです。具体的な改善例もあるので、専門的な説明をすることで、化学合成や副作用の心配を少しでも取り除くべきだと思うからです。できれば自然界の天然成分で育毛させたい気持ちは誰でも同じでしょう。

 

「テトリス」というテレビゲームがあります。色々な形のブロックが落ちてきてそれを組み合わせ、1列揃うとブロックが無くなり得点が加算されるゲームです。髪を増やしたい方は、テトリスのようにブロックがどんどん無くなる状態にはしたくないはずです。このエルゴチオネインにより、ブロックが消されることなく、どんどん積み重ねられていくと想像してもらえれば分かりやすいかと思います。

 

ただしひとつ問題があります。エルゴチオネインは非常に高価なため、一般の育毛剤に配合するのは現実的でないことです。

 

「エルゴチオネイン」は天然の成分

 

発毛に効果があるとされている「ミノキシジル」は化学合成された成分ですが、エルゴチオネインは麦やキノコ類のみから抽出できます。実は人間の体にもエルゴチオネインが入っており、キノコやシイタケを毎日食べたりするわけでもないのに、どういうわけかエルゴチオネインが人間の体に保存されているようです。なぜ人間の体にエルゴチオネインは必要なのか? このメカニズムは、これからの研究で明らかになることでしょう。

 

エルゴチオネインを含む植物エキスで育毛剤を製造したらどうなるのでしょうか?

 

実験による結果も出ているのですが、結果短期間で驚くほどの肥毛効果により薄毛が改善されるのです。使うほど髪の体積が増え、地肌も見えにくくなるし、髪の量も増えたようにみえます。髪の毛1本につき約3%の肥毛効果があると、実験により公的機関で確認されています。ミトコンドリアの活性作用で長期的にも発毛作用があるのがエルゴチオネインというわけです。

 

このように髪の体積が増えるわけですが、髪が細いだけで薄毛に見える人は少なくありません。髪1万本の髪の太さが1本につき3%アップすれば、10倍程度、髪の量が多く見えるのです。薄毛をごまかすためにあの薄い部分にふりかける、微粒の黒いパウダーを使っている人は雨が急に降って傘がないときの不安が無くなるのです。「雨で額から黒い雫が……」という失態は無くなりますよね。

 

AGAの影響で今にも毛穴から抜け落ちてしまいそうな細い毛髪も、エルゴチオネインの「リプレ効果」と呼ぶ毛髪の体積アップ効果により、毛髪1本1本が太くなります。今までのように毛穴が大きくすぐに抜け落ちそうな状態が、髪が太くなることでガードされます。この効果は速効性があり、早い人では2週間ほどで実感できた方もいらっしやいます。

 

また育毛剤の定義の1つ、5α−リダクターゼの抑制効果も確認されており、薄毛の進行が抑制されることも期待できる成分なのです。

 

 

今までの育毛剤は、どれも各社1つの効果だけを追い求めていました。そのため、消費者が効果を感じられないと次のメーカーの育毛剤へ、さらに次の違う育毛剤へと「育毛剤を次から次へと探し求める放浪者」となり、何を使用していいか分からなくなるという事態になっていました。

 

エルゴチオネインによる植物エキスの研究者はこう言います。

 

「育毛剤、発毛剤ですぐに結果は分からない。どんなに優れたモノでも効果をすぐに感じるのは無理。効果がすぐに感じられないからといって、次から次に商品を替えていけば余計に育毛効果は得られないでしょう。同じ成分でゆっくりと働きかけようとしているところに、早々に打ち切って、次の成分を投入しようとしても、いずれも効果が出る前にやめてしまうのですから無駄になってしまうのです」

 

例えばジョギングのように、最初は距離を走れないけれど、毎日続けていくうちに体力もつき、日に日に距離がのびてジョギングそのものも楽しくなり付加価値でダイエット効果にもなる……。

 

それと同じように、効果が実感できなければ楽しく続けることはできないと思います。早い人であれば、2週間程度で効果を感じられます。どんな育毛法よりも我慢する楽しみはあるのではないでしょうか?

 

ミノキシジルはもともと細胞内部のカリウムチャンネルを開放する作用のある血圧降下薬で、偶然にその副作用として髪が生えることが分かりました。その結果、育毛外用薬に応用されたものです。

 

しかしエルゴチオネインは天然成分であり、化学合成はできないためコストが非常に高いのです。1rで1,000円が相場で、たった1gでも100万円という超高価な成分なのです。

 

この成分を主成分として育毛剤を製造したいというメーカーが出てこないのは、コストが大きいというのが理由です。

 

髪は、無くなってから生やすのは凄く大変です。歯のインプラントも、早くしないと歯の土台となる部分が退化してしまいます。そうなるとインプラントもできない。毛根や毛穴も同じで、何もしないと退化していきます。なるべく早い対策が必要となってくるのです。

 

はげを治すなら、このシャンプーと育毛剤がオススメ!

 

 

オーガニックシャンプー【Raburo(ラブロ)】

希少成分【エルゴチオネイン】配合
  • 細い髪の毛を太くする希少成分【エルゴチオネイン】配合
  • 肌に優しいオーガニックで老若男女問わず健康な肌になれる
  • 石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料等はすべて不使用
  • 全身洗える優しい仕上がり

 

 

 

 

 

育毛剤【CHAPUP(チャップアップ)】

人気・実力ナンバー1の育毛剤
  • 顧客満足度 第1位
  • おすすめ育毛剤 第1位
  • 最も期待できる育毛剤 第1位
  • AGA関連医師も認める効果
  • 永久返金保証付き

 

 

 

 

 

抜け毛、薄毛の原因を根本から改善するには

 

 

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

発毛実績50,000人の育毛・発毛法
  • 一日5分で効果が実感できる育毛・発毛法
  • 薬を飲んでも効果がなかった人でも発毛できる実績
  • DVDと冊子で正しい発毛の仕方を詳しく説明
  • 育毛サロンやカツラなんかは必要なくなります
  • 365日返金保証付き