フィナステリドの効果

フィナステリドの効果 【はげを治す方法】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィナステリドとは

 

AGAの治療薬として一世を風靡した『プロペシア』の名で知られる「フィナステリド」は、もともとは前立腺肥大治療薬でした。この薬を内服している患者さんの毛髪が伸びてくるという予期せぬ偶然から、発毛薬として研究開発されたのです。

 

毛髪の成長を阻害するDHTは前立腺肥大の原因にもなりますが、DHTの働きを抑制したら髪も生えてきたのです。

 

この薬が開発されたアメリカでは1997年、日本では2005年に厚生労働省に認可されました。巷の怪しい発毛療法と違って確立された理論もあり、実際効果もあるのです。

 

この薬の効果により、3年間の投与試験によると発毛率は内服1年後で58%、2年後で68%、3年後で78%、また3年間服用した場合は98%の方の薄毛の進行速度が減ったというデータがあります。こうした事実から、発毛薬として推奨できる薬であり、現在も多くの皮膚科で処方されています。

 

とはいえ、いくら効果があっても、だるくなる、眠くなる、内臓に影響するなどの副作用(本来の目的以外の作用)があれば困りますが、フィナステリドにはあまり副作用がないのも利点です。

 

ただし、男性ホルモンを抑制する薬ですから、男性機能の低下、性欲減退の自覚症状が出る場合があります。1〜5%の人にED(勃起不全)や性欲減退、肝機能障害などがあると言われています。

 

また、フィナステリドの内服薬は、男性に隕る薄毛治療薬で、女性は服用できません。

 

もしも妊婦の人が服用すると、男性ホルモンを抑制する働きがあることが原因で、胎児の精巣に何らかの影響を及ぼしてしまう可能性ががあります。同じ様な理由により、精巣が発達段階にある未成年も妊婦と同様に服用できないことになっています。

 

フィナステリドの効果

 

フィナステリドは、[飲んで薄毛が改善できる]という夢のような新薬でした。

 

しかし、正直なことを申し上げますと、フィナステリドで「明らかに効果があって大満足!」という方はほとんどいません。

 

効いた場合でも、生えていなかったところによく見ると産毛が生えているとか、気持ち増えた感じがする程度の人が多く、1年内服しても「発毛しないじゃないか!」と怒ってしまう人も少なくありません。

 

3年続ければさらなる効果が出る場合もあると言いますが、実際には、抜け毛が減る人は少なくありませんが、目に見えてフサフサ発毛してくる人はいません。

 

また、まったく効果を実感できない人も少なくないことは事実としてお伝えしなくてはならないでしょう。

 

そのため、フィナステリドに過度な期待は禁物です。「抜け毛予防」と割り切って内服するくらいがガッカリしなくて妥当だと思います。

 

ただし、予防といっても、内服中は効果がありますが、やめれば元に戻ります。男性機能への影響も考えると、あまり早い時期から飲み始める薬ではないと思います。

 

効果に差があるのは、DHTがどれほど脱毛に関わっているか個々人の程度によると思われますが、個々人に対してフィナステリドがどれほど有効なのか、最近、遺伝子検査でわかるようになりました。服用する前にこの検査をしておけば、フィナステリドの効果が少ないと思われる方はお金をムダにしないで済むことでしょう。

 

この検査では、「将来AGAになりやすいか?」、「フィナステリドを予防的に飲んでおいたほうがよいか?」も検査することはできます。

 

いずれにせよ、フィナステリドは薄毛予防にはある程度は有効ですし、むしろその程度の感覚で利用するのが良いというのが一般的な考え方です。

 

始めなければハゲは治りません!


いかがでしたでしょうか? このサイトのトップページで紹介した僕の頭(髪)のbefore-afterの写真や、僕の育毛体験からもわかっていただけたかと思いますが、ハゲを治すには自分の身体のコンディションを整えることがとても大切です。


たとえば、体の調子が悪かったり、体のどこかに問題があれば、その問題の個所を回復させるために、栄養はその部分に優先的に送られていきます。すると、髪の毛や爪といった生命を維持することにあまり関係のない末端部分には栄養が届けられなくなってしまうのです。


髪の毛を育てるには、内側と外側の両方のケアが必要です。どちらか一方のみのケアでは効果はありません。


せっかく体のコンディションを整えても、頭皮を痛めるシャンプーや育毛剤を使ったり、間違ったマッサージ法で頭皮環境を壊してしまっては髪は生えてきません。


いいシャンプー、育毛剤を使って、きちんとマッサージしても頭皮に栄養が届かなければハゲは治りません。


もしあなたが、以前の僕のように何をしてもハゲが治らなくて悩んでいるのであれば、今の生活習慣や使っているシャンプー、育毛剤などを見直してみてはいかがでしょうか。


僕の実感としては、ハゲを治すためには育毛剤が一番重要だと思います。


シャンプーとかは探せば他にも自分に合ったものが見つかるかもしれませんが、育毛剤は絶対に十分な効果が期待できるものを使うべきです。


育毛は間違ったやり方をしなければ必ず結果がついてきます。きちんとしたケアを続ければ髪は生えてきます。諦める必要は全くありません。しっかり育毛に励んでフサフサな髪をとりもどしましょう!


ハゲを治すためには、生活習慣の改善や頭皮ケアなどが大事になってくるのですが、ある程度の時間がかかります。そのため、結果が表れてこないと途中で挫折してやめてしまうんですよね。早く結果を出してモチベーションを上げて継続していくことがフサフサな髪を手に入れるための大事なポイントです。そのために育毛剤はマストアイテムになります。そこで、十分な効果が期待できるおすすめの育毛剤をご紹介します。


https://xn--w8jj4b0a7b.net/#12

このシャンプーがオススメ!


オーガニックシャンプー【Raburo(ラブロ)】

希少成分【エルゴチオネイン】配合

エルゴチオネインとは? >>

  • 細い髪の毛を太くする希少成分【エルゴチオネイン】配合
  • 肌に優しいオーガニックで老若男女問わず健康な肌になれる
  • 石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料等はすべて不使用
  • 全身洗える優しい仕上がり



ラブロについて詳細まで徹底的に分析しました!詳細はこちら >>


 



抜け毛、薄毛の原因を根本から改善するには



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

発毛実績50,000人の育毛・発毛法
  • 一日5分で効果が実感できる育毛・発毛法
  • 薬を飲んでも効果がなかった人でも発毛できる実績
  • DVDと冊子で正しい発毛の仕方を詳しく説明
  • 育毛サロンやカツラなんかは必要なくなります
  • 365日返金保証付き



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛DVDプログラムの詳細 >>


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加