ミノキシジルの効果

ミノキシジルの効果 【はげを治す方法】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

ミノキシジルとは

 

ミノキシジルはもともとは降圧剤の成分でしたが、服用した人の髪や体毛が増えてくることから研究が進み、発毛剤に転用されました。

 

毛母細胞の増殖促進作用が認められ、育毛剤と内服薬があります。育毛剤としては唯一、日本皮膚科学会で発毛作用が認められています。

 

ミノキシジルは血管を広げて血圧を下げる働きがあり、血流をアップさせます。その結果、頭皮の血流もアップするので、頭皮に栄養が届くようになり発毛するのです。

 

また、ミノキシジルはヘアサイクルで休止期になっている髪の毛を成長期にする働きも認められています。

 

ミノキシジルが配合されている育毛剤もありますが、育毛剤として体の外側から毛根に働きかける場合は、フィナステリドの内服よりも効果がありません。しかし、ミノキシジルが本当の効果を発揮するのは内服した場合です。ミノキシジルを内服した場合、フィナステリドよりも高い発毛効果があります。

 

しかし、もともとミノキシジルは血管を拡張させて血圧を下げることを目的とした薬なので、健康な人がいたずらに服用した場合、必要以上に血圧が下がってしまい、健康を害する恐れがあることを忘れてはいけません。頭髪だけではなく全身の毛が濃くなることもありますし、動悸、むくみ、なども引き起こす恐れがあります。副作用が強い薬なのです。

 

ミノキシジルは個人輸入で手に入れることもかのうですが、以上の理由により、医師に相談して服用する必要があるのです。

 

 

ミノキシジルの恐怖

 

ある人はミノキシジル内服薬を海外から個人輸人したそうです。

 

髪は細いサラサラヘアでヒゲや体毛も薄いタイプなのですが、飲んで1ヵ月程で明らかに毛髪は太く腰が強くなり、ヒゲも体毛も濃くなりました。本人いわく「剛毛」になったそうです。

 

「これはすごい!」と思い、内服薬を砕いて粉にしてお湯に溶いて頭に付けたら、さらに効果があったそうです。その後ドンドン発毛しましたが、一方でのぼせやむくみ、動悸で悩まされるようになり、ついにはひどい頭痛と動悸で眠れなくなり、命の危険を感じてやめたそうです。

 

ミノキシジルは量が多いほど発毛効果が増しますが、副作用も増します。この人は「無料でも二度と飲みたくない」とおっしゃいましたから、よほど懲りたのだと思います。

 

個人海外輸入品だと実物がどんなものか、どの程度の量なのかもわかりません。ミノキシジルを内服したい場合は、やはり医師が正規の機関から輸入した物を管理してもらいなからに服用したほうがいいでしょう。発毛効果を追い求めるあまり、多量に飲むのも厳禁です。

 

また、海外製のフィナステリドをネット購人した男性が、髪は生えたが、胸も膨らんできたという話が週刊誌に書いてありました(女性化乳房、男性ホルモンを強く抑え過ぎたため生じたと推測されます)。ミノキシジルもフィナステリドも副作用のあるものですから、少なくとも成分がわかっている医師の処方薬にするべきだと思います。

 

ミノキシジルが怖い理由

 

ミノキシジルはもともと降圧剤ですが、発毛効果がある降圧剤はミノキシジルだけです。それはどうしてなんだと思いますか?

 

ミノキシジルという薬には強い動脈血管拡張の働きがあって、それの働きよって末端の毛母細胞まで十分な血流が供給されるようになることから、発毛の効果があらわれるのです。

 

しかしそんないい話だけではないのです。ミノキシジルには動脈血管拡張の働きがあるのですが、静脈血管拡張の働きはないのです。これはいったいどういうことかわかりますか? 血液は心臓から動脈を使ってで体内に送られ、その後静脈を通って心臓へと帰ってきます。ミノキシジルを服用すると、拡張した動脈に大量に流れた血は拡張されていない静脈から帰ってくるので、心臓に強い負荷が掛かったり、心拍出量の増加や不整脈、動悸などが生じる可能性があるわけです。

 

もしミノキシジルが優れた降圧剤であれば、降圧剤としても内科で使われているはずですが、実は今は使われていません。なぜならば、ミノキシジルには心臓に負担を掛けるという副作用があるためです。動脈血管拡張作用はミノキシジルを服用する量が多ければ多いほど強くなるため、発毛の効果は上がるのですが、副作用も強くなってしまいます。血圧を下げるには大容量が必要となり、心臓にも多大な負担が掛がるため内科で使用することはなくなったといいます。

 

このミノキシジル、内服するほうが塗布するよりはるかに効果があります。また、増毛してきた芸能人の多くの方が飲んでいると聞きます。ただし、日本皮膚科学会ではミノキシジル内服を推奨していません。再三述べているように副作用があるからです。

 

ミノキシジル配合の塗り薬は厚生労働省の承認を受けて販売されているのですが、ミノキシジルを内服するということは、欧米と違い日本では承認が下りていないのです。

 

今、美容外科を中心に発毛の特効薬として患者に処方されているのがミノキシジル内服薬です。たしかに効果がありますので、今とにかく薄毛を改善したい方にはありかたい薬です。

 

しかし、いくら低容量とはいえ、心臓に徐々に負担を掛けていく薬なので可能ならやめていきたい薬ではあります。ミノキシジルで発毛したなら、維持のためにミノキシジルを続けるのではなく、長期間内服しても体に安全なほかの薬に移行できるよう、今も研究が続いているといいます。

 

ミノキシジルとフィナステリドの併用

 

ミノキシジルとフィナステリドの併用はどうなのでしょうか?

 

ある人は、「少々副作用があっても飲みたい」と言って飲んでいます。特にミノキシジル内服は、かなりの発毛効果があるといいます。

 

ミノキシジルは大容量ほど効果は高いのですが副作用も強いので、血圧降下、動悸、むくみなどの副作用もチェックしながら注意深く使用する必要があります。

 

今のところ漢方生薬やビタミン剤を併用して、できるだけ低容量のミノキシジルを内服するのが、ベストなミノキシジルの使い方だといいます。それでも、やはりミノキシジルの長期間の内服はやめるべきです。

 

薄毛治療の多くでフィナステリドの処方がされていますが、発毛専門外来も行っている施設では、より効果の高いミノキシジル内服薬を処方していると思われます。

 

ミノキシジルやフィナステリドは薄毛治療の長く暗いトンネルからやっと抜け出す画期的薬でしたが、特に効果のあるミノキシジルには副作用もあり、また両者とも内服中のみ効果を発揮するという欠点があります。

 

ミノキシジルをやめたら血流は元に戻りますし(降圧剤をやめたら血圧が上がるのと同じ理屈です)、フィナステリドをやめたらDHTはまた活発に働き始めるからです。

 

とはいえ、内服していれば、それまでは打つ手のなかった薄毛の悩みから解放されるのは画期的だとも思います。

 

血流増強作用のあるミノキシジルと、毛髪を攻撃するDHTの働きを抑制するフィナステリドを併用すると、その相乗効果から現時点では最も効果的鵞毛治療薬と言えます。

 

一般的な皮膚科ではフィナステリドのみ取り扱っている場合が多いのですが、発毛専門クリニックではフィナステリドとミノキシジル、さらに効果があると言われているミネラルやビタミンを医院独自に加えているといいます。

 

ミノキシジルを服用する前に

 

民間の発毛サロンの施術を受けながら、内服薬の個人輸入の仕方を教えられたという方がいます。そのパンフレットを見せてもらいましたが、内服薬とはミノキシジルでした。ミノキシジルを内服すれば、当然効果が出ます。

 

日本では厚生労働省の認可が下りておらず、認可の下りている米国などから輸入するしかありません。国内未承認薬を良識ある日本の医師が取り扱わないのも頷けます。

 

一方で、どこでも手に入らないのをいいことに、かなりの高額で処方している医師もいます。フィナステリドと比べ明らかに効果が高く、特に男性はフィナステリドと併用すると高い効果があることは患者自身が一番わかっているからです。

 

また、医師が輸入して副作用が起きないように管理し適切な量を処方していればいいのですが、なぜかわかりませんが、ミノキシジルは個人輸入できてしまうようです。これはほかの薬も同じですが、「何かあった時は個人の資任」ということで野放し状態になっています。

 

個人輸入が簡単にできるようになったのはインターネットの登場が大きいですわけが、どの薬までを良しとするかなど法整備が追いつかず、雨後のタケノコのようにたくさんの薬がネット販売されているので、大変危険な状態になっています。

 

ミノキシジルを個人輸入して、本人いわく「死ぬ思い」をしたという前述の人は、まだ若い男性だから良かったものの、安易にミノキシジルを飲むと命に関わる可能性もあります。本人の自覚はなくても長期間内服することにより、ゆっくり心臓や腎臓が蝕まれて行く可能性は否定できません。

 

やはりミノキシジルは医師の管理の下、血圧測定や血液検査をしながら内服するべき薬です。医師はしかるべき筋から手に入れますが、個人輸入サイトの中には副作用のことをしっかり述べていないものもあること、怪しい薬も絶対ないとは言い切れないことなどを考えると、ミノキシジルは個人輸入して安易に飲む薬ではないと思います。

 

ミノキシジルはお金がかかる

 

ある週刊誌に薄毛治療『本当に3ヵ月で毛がはえるのか?』という記事がありました。それには、記者が3ヵ月でかなり発毛している写真が掲載されていました。

 

記事には、ある医院で治療を始めて1ヵ月経つ頃に髪が生え変わるサイクルの谷間となり、「初期脱毛」という毛量が減る症状が見られること、本人に体調と相談しながら薬の強さを決めていくこと、この記者さんの場合は一番強い薬を処方してもらっても、動悸や食欲不振といった副作用もなく体調に変化はなかったことなど書いてありました。

 

こうした話の内容から、まさにミノキシジルを内服しているのだなと思いました。

 

その記者の3ヵ月経過後の写真は髪の毛が生えていました。「一番強い薬」とありましたが、高容量のミノキシジルなら、たしかに写真のような発毛は期待できると思いました。

 

もともと血圧を下げる目的で開発された薬ですから、医師の管理下の一番強い量であれば、3ヵ月程度の短期では副作用が出ていないことも頷けます。婚活期の短期間ならこのやり方でもありでしょう。

 

医師のコメントとして、「薄毛が改善された状態が安定するのは、治療開始から1年から1年半が目安。そこから先は状態を見て、投薬回数を減らします」と書いてありました。このようにミノキシジルの服用は減らしていき、やめていかなければならない薬です。いくら自覚的には不具合はなくても、どんなに長くても10年以上は飲ませたくない薬なのです。

 

ミノキシジルは降圧剤として開発されたことは前述していますが、今は降圧剤として使用されていません。一般的な降圧剤は長期間の内服が当たり前ですが、ミノキシジルは心臓への負担が強く、長期間内服には適さないために使われなくなってしまったからです。「髪は生えたが寿命は縮まった」では、本末転倒もいいところです。

 

また、ミノキシジルは主に血流増強作用で発毛させますが、やめたら血管は拡張しなくなりますから、血流は元に戻り、薄毛も元に戻ります。ミノキシジル内服で発毛させるのは非常に簡単ですが、ミノキシジルで発毛させた髪を、ミノキシジルをやめても維持させるのが非常に難しいのです。

 

医院によってはミノキシジル配合内服処方が1ヵ月で3万円以上することもあります。副作用も強い上に、やめたら元に戻るのでずっと飲み続けなければならず、結局、トータルの出費は大変な金額になってしまいます。

 

発毛の研究は日進月歩だといいます。10年ほど前はまったく打つ手なしの薄毛治療でしたが、フィナステリドの登場で少しは希望の兆しが出てきて、さらに高い効果のある治療法も登場してきているようです。

 

時代の流れとともにさらに新しい画期的な治療法が出てくるのではないでしょうか。

 

始めなければハゲは治りません!


いかがでしたでしょうか? このサイトのトップページで紹介した僕の頭(髪)のbefore-afterの写真や、僕の育毛体験からもわかっていただけたかと思いますが、ハゲを治すには自分の身体のコンディションを整えることがとても大切です。


たとえば、体の調子が悪かったり、体のどこかに問題があれば、その問題の個所を回復させるために、栄養はその部分に優先的に送られていきます。すると、髪の毛や爪といった生命を維持することにあまり関係のない末端部分には栄養が届けられなくなってしまうのです。


髪の毛を育てるには、内側と外側の両方のケアが必要です。どちらか一方のみのケアでは効果はありません。


せっかく体のコンディションを整えても、頭皮を痛めるシャンプーや育毛剤を使ったり、間違ったマッサージ法で頭皮環境を壊してしまっては髪は生えてきません。


いいシャンプー、育毛剤を使って、きちんとマッサージしても頭皮に栄養が届かなければハゲは治りません。


もしあなたが、以前の僕のように何をしてもハゲが治らなくて悩んでいるのであれば、今の生活習慣や使っているシャンプー、育毛剤などを見直してみてはいかがでしょうか。


僕の実感としては、ハゲを治すためには育毛剤が一番重要だと思います。


シャンプーとかは探せば他にも自分に合ったものが見つかるかもしれませんが、育毛剤は絶対に十分な効果が期待できるものを使うべきです。


育毛は間違ったやり方をしなければ必ず結果がついてきます。きちんとしたケアを続ければ髪は生えてきます。諦める必要は全くありません。しっかり育毛に励んでフサフサな髪をとりもどしましょう!


ハゲを治すためには、生活習慣の改善や頭皮ケアなどが大事になってくるのですが、ある程度の時間がかかります。そのため、結果が表れてこないと途中で挫折してやめてしまうんですよね。早く結果を出してモチベーションを上げて継続していくことがフサフサな髪を手に入れるための大事なポイントです。そのために育毛剤はマストアイテムになります。そこで、十分な効果が期待できるおすすめの育毛剤をご紹介します。


https://xn--w8jj4b0a7b.net/#12

このシャンプーがオススメ!


オーガニックシャンプー【Raburo(ラブロ)】

希少成分【エルゴチオネイン】配合

エルゴチオネインとは? >>

  • 細い髪の毛を太くする希少成分【エルゴチオネイン】配合
  • 肌に優しいオーガニックで老若男女問わず健康な肌になれる
  • 石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料等はすべて不使用
  • 全身洗える優しい仕上がり



ラブロについて詳細まで徹底的に分析しました!詳細はこちら >>


 



抜け毛、薄毛の原因を根本から改善するには



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

発毛実績50,000人の育毛・発毛法
  • 一日5分で効果が実感できる育毛・発毛法
  • 薬を飲んでも効果がなかった人でも発毛できる実績
  • DVDと冊子で正しい発毛の仕方を詳しく説明
  • 育毛サロンやカツラなんかは必要なくなります
  • 365日返金保証付き



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛DVDプログラムの詳細 >>


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加