意外と知られていない髪の毛の役割

意外と知られていない髪の毛の役割

意外と知られていない髪の毛の役割

 

自分でできる薄毛対策を実践するために、まず髪の毛そのものについて知っておいたほうがいいでしょう。

 

ほ乳類の毛は、皮膚の角質化によって生じた構造に由来するもので、は虫類のウロコ、鳥類の羽毛と起源は同じだと考えても間違いありません。人間の毛髪も、皮膚の一部が変化しかもので、その役割は主に3つ挙げられます。

 

ひとつ目は、日光や熱、紫外線のほか、頭をぶつけるなど物理的接触の際に、大事な頭部を保護する役割です。

 

ふたつ目の役割は、不要物の体外への排泄です。人間の体に有害な水銀やカドミウム、ヒ素、鉛、銅といった重金属類ですが、実は微量ながらも日常の食事を通して毎日摂取しています。それらは通常、毛髪や体毛、汗などを通して体外に排泄されます。つまり、体内に入ってしまった有毒物、不要物から身を守るために、いつかは頭から抜けてしまう髪の毛に不要物を移して防護しているのです。

 

体の中から有害な物質を体外に排泄する役目のある髪の毛ですから、それが薄くなったり、あるいはなくなったりすることは、その人の健康にも大きな影響を与えると言われています。

 

そして最後は、髪型を変えるだけでもかなり印象は変わることからもわかるように、重要な装飾機能があります。

 

髪は顔の輪郭をハツキリさせ、全体の印象に強い影響を与えます。ヘアスタイルを変えることでオシヤレを楽しむ人が多くいることは言うまでもありませんね。

 

毛髪の構造

 

次に、毛髪の構造についてです。

 

毛髪は「ケラチン」という硬質タンパク質で形成され、巻き寿司のような三重構造になっています。巻き寿司の具にあたるのが中心部の髄質(毛髄)で、その周囲を取り巻くお米にあたる部分が皮質(毛鞘)、一番外の海苔にあたるのが毛表皮(クチクラ、キューティクル)です。

 

毛髪の中心部分である髄質にはメラニン色素や脂肪が多く含まれています。空気の泡を含んでいることから髪の弾力に影響を与えたり、熱などの刺激から頭部を守ったりする働きがあります。通常、髄質は加齢とともに太くなりますが、強度は低下していきます。毛髪によってはこの髄質がないものや、1本の毛髪でも途切れ途切れになっているものも存在します。

 

皮質は毛髪の中で一番大切な部分で、繊維状のタンパク質がしっかりと詰まっていて、髄質の周りを覆っています。毛髪の性質を左右することから、パーマや毛染めなどの美容の対象になっています。ここにも多くのメラニン色素を含まれていることから、髪の毛の色を決定づけるほか、紫外線から地肌を守っています。

 

「キューティクル」の名でよく知られる毛表皮は、薄くて無色透明のタンパク質。毛表皮は根元側から毛先側に向かって鱗片状、あるいは屋根瓦状に何腦も重なっているのが特徴です。1枚のキューティクルの長さは80〜100ミクロン、厚みは0.5〜1ミクロンで、外部からのあらゆる刺激から髪を守っています。

 

はげを治すなら、この育毛剤とシャンプーがオススメ!

 

 

育毛剤【CHAPUP(チャップアップ)】

人気・実力ナンバー1の育毛剤
  • 顧客満足度 第1位
  • おすすめ育毛剤 第1位
  • 最も期待できる育毛剤 第1位
  • AGA関連医師も認める効果
  • 永久返金保証付き

 

 

 

 

 

オーガニックシャンプー【Raburo(ラブロ)】

希少成分【エルゴチオネイン】配合

エルゴチオネインとは? >>

  • 細い髪の毛を太くする希少成分【エルゴチオネイン】配合
  • 肌に優しいオーガニックで老若男女問わず健康な肌になれる
  • 石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料等はすべて不使用
  • 全身洗える優しい仕上がり

 

 

 

 

 

抜け毛、薄毛の原因を根本から改善するには

 

 

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

発毛実績50,000人の育毛・発毛法
  • 一日5分で効果が実感できる育毛・発毛法
  • 薬を飲んでも効果がなかった人でも発毛できる実績
  • DVDと冊子で正しい発毛の仕方を詳しく説明
  • 育毛サロンやカツラなんかは必要なくなります
  • 365日返金保証付き