頭皮が弱っている時のカラーとパーマは危険

頭皮が弱っている時のカラーとパーマは危険

頭皮が弱っている時のカラーとパーマは危険

 

くるくるとカールさせたり、ブラウンに染めたりと、髪のお洒落には色々な楽しみ方があります。赤毛や金髪の人も珍しくなくなってきました。

 

ただ、心のどこかでカラーリングやパーマは髪と頭皮にそうだと思っているのではないでしょうか?

 

たしかに髪にやさしいとは言えませんが、これは人によりけりというのが理容師さんの本音らしいです。

 

カラーやパーマが必ずしも薄毛に直結するわけではありません。だから、頭皮が健康な人に関しては何をしようとかまわないのです。

 

 

しかし、頭皮が弱っている人にとっては大問題になります。間違いなく頭皮のダメージを広げてしまいます。

 

「髪が薄くなってきたから、パーマでボリュームを出してくれ」という客からのリクエストがあるようですが、パーマで薄毛を隠そうなんてもってのほかです。

 

薄くなっているということは、頭皮も弱っている証拠。すでにはげの危険のシグナルが点滅しているところにパーマをかけたら、抜け毛や薄毛を加速させる結果になります。さいごにははげてしまいます。

 

また、カラーリングをする際には、ことのほか皮脂の働きが重要になります。

 

染料は髪の毛だけにつけるとはいえ、ごくわずか頭皮に飛んでしまうこともあります。このとき、皮脂がたっぷりあれば染料を一緒に流してくれます。

 

ところが、皮脂が少ないと染料が流れていかずに、頭皮まで染めてしまいます。これを落とすのはプロであってもひと苦労なんだそうです。

 

そんな理由で、客の頭皮のことをよく考えている理容師さんは、たとえ客の希望であっても、頭皮や髪の状態によっては思いとどまっていただくように説得しているようです。

 

カラーやパーマの前には、必ずご自分の頭皮をチェックする必要があります。

 

そして、弱っているサインが見えたらちょっと我慢しましょう。無理をすれば「はげ」が待っています。

 

頭皮が元気になればまた自由に楽しめるのですから、それまで頭皮ケアをして回復につとめましょう。

 

はげを治すなら、この育毛剤とシャンプーがオススメ!

 

 

育毛剤【CHAPUP(チャップアップ)】

人気・実力ナンバー1の育毛剤
  • 顧客満足度 第1位
  • おすすめ育毛剤 第1位
  • 最も期待できる育毛剤 第1位
  • AGA関連医師も認める効果
  • 永久返金保証付き

 

 

 

 

 

オーガニックシャンプー【Raburo(ラブロ)】

希少成分【エルゴチオネイン】配合

エルゴチオネインとは? >>

  • 細い髪の毛を太くする希少成分【エルゴチオネイン】配合
  • 肌に優しいオーガニックで老若男女問わず健康な肌になれる
  • 石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料等はすべて不使用
  • 全身洗える優しい仕上がり

 

 

 

 

 

抜け毛、薄毛の原因を根本から改善するには

 

 

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

発毛実績50,000人の育毛・発毛法
  • 一日5分で効果が実感できる育毛・発毛法
  • 薬を飲んでも効果がなかった人でも発毛できる実績
  • DVDと冊子で正しい発毛の仕方を詳しく説明
  • 育毛サロンやカツラなんかは必要なくなります
  • 365日返金保証付き