頭皮の酸欠ではげになる

頭皮の酸欠ではげになる

頭皮の酸欠ではげになる

 

薄毛には頭頂部から薄くなっていくタイプと、ひたいが広くなっていくタイプがあります。

 

どちらも頭皮が酸欠に陥っているのですが、それを引き起こしている原因は異なります。

 

2つの頭皮がどういう状態になっているのか、少し詳しくご説明しておきたいと思います。

 

頭頂部タイプのはげは別名「お血型」のはげと言われていて、頭皮の血流が悪くなっている状態です。頭頂部でお血が始まり、徐々に頭全体へ広がっていってしまいます。その結果頭頂部を中心としたはげが出来上がります。

 

血液は酸素や栄養を体中に運ぶ大切な役割をしていますから、スムーズな流れでなければ髪の毛の成長に大切な養分を運ぶことができなくなります。そして、新陳代謝も低下してしまうことになります。

 

栄養が足りない髪の毛は弱くなってしまうので、いとも簡単に抜けるようになります。さらに、新陳代謝の能力も低下しているため、新しい髪も生まれてこないという最悪な状態になってしまいます。

 

40代〜50代前後にかけて薄毛が始まった方は、たいてい疹血が原因だと言えます。

 

 

ひたいタイプは「帽状健膜型」と呼ぶように、帽状艇膜に問題が生じています。

 

帽状健膜とは頭皮の下にある薄い膜のことで、この帽状健膜が酸欠を起こし、硬くなっているのです。

 

 

生理学では、これを「健膜の異常発達」と呼ぶそうです。もっとも、症状からすれば、発達というより機能の停滞ですよね。

 

こうなると、毛根を収めている皮下組織に十分な酸素や栄養が行き渡らなくなります。養分が補給できなければ、髪が弱って抜けるのも当然なのです。

 

余談になりますが、「人体模型展」を見に行くに機会があって、僕は帽状朧膜の模型をじっくりと観察していました。しくみを知れば、もっと効果的な薄毛対策が見つかるかもしれない、そう思ったからです。

 

わたしの真剣な様子が伝かったのでしょうか。ひとりの紳士が近づいてきて、いろいろな例をあげ、わかりやすく説明をしてくださったのです。その説明のおかげでこうして今「帽状健膜」について書くことができているわけですが。

 

あとになって、その方が大学の教授だったことがわかりました。今思えば、とてももったいないことをしたと思います。頭皮や髪については、まだまだ知りたいことがいっぱいあります。専門家にお尋ねできる貴重なチャンスだったので、もっときちんと質問して教えてもらっていたら……と悔やまれます。

 

ひたいタイプはてっぺんタイプよりも遺伝の要素が強いようで、20代後半から30代という若さで急速に薄毛が進行する方もたくさん見てきました。ひたいタイプはてっぺんタイプよりも早めの対応が肝心になりますが、きちんとした治療をすれば治る確率が高くなります。

 

本気ではげを治したい人は専門のところで受診してみてはいかがでしょうか。

 

はげを治すなら、この育毛剤とシャンプーがオススメ!

 

 

育毛剤【CHAPUP(チャップアップ)】

人気・実力ナンバー1の育毛剤
  • 顧客満足度 第1位
  • おすすめ育毛剤 第1位
  • 最も期待できる育毛剤 第1位
  • AGA関連医師も認める効果
  • 永久返金保証付き

 

 

 

 

 

オーガニックシャンプー【Raburo(ラブロ)】

希少成分【エルゴチオネイン】配合

エルゴチオネインとは? >>

  • 細い髪の毛を太くする希少成分【エルゴチオネイン】配合
  • 肌に優しいオーガニックで老若男女問わず健康な肌になれる
  • 石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料等はすべて不使用
  • 全身洗える優しい仕上がり

 

 

 

 

 

抜け毛、薄毛の原因を根本から改善するには

 

 

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

発毛実績50,000人の育毛・発毛法
  • 一日5分で効果が実感できる育毛・発毛法
  • 薬を飲んでも効果がなかった人でも発毛できる実績
  • DVDと冊子で正しい発毛の仕方を詳しく説明
  • 育毛サロンやカツラなんかは必要なくなります
  • 365日返金保証付き