髪の毛が生える仕組み

髪の毛が生える仕組み

毛髪が生えてくるメカニズムとは?

 

毛髪の生えてくるメカニズムに関して見てみましょう。

 

毛髪の肌の表面に顔を出した部位を「毛幹部」、肌の内に埋もれている部位を「毛根部」と呼びます。

 

毛根の中には、毛髪を産み出す「毛包」と言われる組織が存在します。また、その最下部の玉ねぎみたいに膨らんでいる「毛球」という部分が、髪を生み出す工場として最も重要な部位になります。

 

毛球の中には「毛乳頭」と「毛母細胞」があります。育毛剤のCM等において、このふたつの呼び名は知ってるだろうと思います。毛乳頭は、毛細血管からの栄養分を毛母細胞へ配る役割をするのはもちろん、髪の発育についての命令を出す働きがあるので、「毛髪の司令塔」とも言われているのです。

 

命令をもらった毛母細胞は、毛乳頭から栄養分をもらって細胞分裂を繰り返します。ここでケラチンがスムーズに作られると毛母細胞は大きく発育し、ケラチンが髪となって毛根から上へと押し上げられ、肌から出て毛髪(毛幹)となります。

 

育毛剤等のCMなんかでよく見られる「血行の促進」と言うものは、この毛細血管を流れる血の容積をアップする事を示しています。

 

毛乳頭に血(栄養)が届かなければ毛髪を成長させることが難しいので、血流促進が大切なことは違いありません。毛乳頭や毛母細胞の働きを強めるということは、毛髪を太く、強くすることに繋がります。

 

毛髪の成長速度は、一日0.3〜0.5ミリ、1年間で約15センチと考えられています。さらに、髪が発毛してくる毛根の数量は遺伝が影響しており、基本的には一生変化することはないそうです。

 

こうしたことを頭に入れて、健康な毛髪がっくられるための条件を考えてみましょう。

 

何よりもまず、毛根部に毛包、毛乳頭が存在すること。そして、栄養バランスが良くて、血流もなめらかで、アミノ酸やビタミン、ミネラルがちゃんと毛母細胞に届けられること。加えて、タンパク合成酵素があって、それの働きに欠かせない自律神経やホルモンに乱れのないこと。これら全部が健やかな毛髪を育てるためには大切なことになります。

 

毛髪の成長というと、毛先が伸びていくイメージを持っている人もいるようですが、毛根部の毛乳頭で細胞が分裂して毛が作られ、外へ押し出されて伸びていきます。

 

髪の毛自体、爪と同じように肌の角層が変化してできたもの。つまり、死んだ緇胞か集まったものなので、痛みは感じませんし、一度傷めてしまうと修復機能はありません。

 

毛髪の発育の為の栄養分は、毛乳頭が血液より採りこみます。なので、バランスが失われた食生活やバランスが悪い食事に注意を払い、バランスがしっかりした栄養分を毛乳頭にたっぷりと送り届けるように努力することが肝心だと言えます。

 

髪の毛が生えて、抜け落ちるまでのサイクル

 

人間の頭髪は、生えてからずっと伸び続けるのではなく、一定の成長期間を過ぎると成長は止まり、その後、毛根が表面に押し上げられて自然に抜けていきます。そしてしばらくすると、同じところから新しい毛が生えてきます。

 

こうした毛の生え変わりのサイクルを「毛周期」(ヘアサイクル)といいます。髪の毛は、成長期から退行期、そして休止期の3つの過程を経て、最後は抜けてしまいます。

 

ヘアサイクルは歳や性別などにおいて幾分は違っていて、成長期でいえば女性は4〜6年、男性は3〜5年伸び続けるのです。要するに、実際のところは女性の方が毛髪が伸びやすくて、女性だとしても髪は長いとしても腰のところまでしか伸びないということなのです。

 

退行期に入ると髪の細胞分裂が減り、髪の成長が遅くなります。その期間は男女ともに2〜3週間。休止期に達したら髪の発育は100パーセントストップし、次の新たな毛髪が下に出来るのを待っている状態になっています。

 

この時期の毛髪は、なんどき抜け落ちてもおかしくない状態なので、ほんの少し触れただけであっても脱毛します。シャンプーの時に抜ける髪の毛は、本来ほとんどが休止期の状態であるはずです。しかし、それが弱々しい細い毛や、生えたてのような薄い毛ばかりだと、抜け毛が進行している状態だと言えます。

 

毛髪が抜け落ちてしまうのは、寿命が来たわけですから、役目を終了した髪の無理のないメカニズムになります。日本人の頭髪は約10万本生えていますが、このうち毎日100本程度の毛が抜けています。100本というと多いように感じますが、髪の毛が4〜5年で生え変わっていくことを考えると、自然な生理現象としては正常な範囲です。

 

薄毛は、このヘアサイクルがメチャクチャになってしまい、成長期が物凄く短くなっていることが理由となっているのです。どういうことかというと、完全に成長し切っていない状態で退行期、休止期に入ってしまうため、毛がどんどん細く、弱くなりながら、髪の毛の全体的な量も減っていってしまうわけです。

 

つまり、薄毛を食い止めるには、毛が伸びる成長期をいかに長くするか(元に戻すか)にかかっているといっても過言ではありません。

 

そのためには、やはり規則正しい生活と、食事、睡眠、運動をバランス良く行う必要があります。

 

はげを治すなら、この育毛剤とシャンプーがオススメ!

 

 

育毛剤【CHAPUP(チャップアップ)】

人気・実力ナンバー1の育毛剤
  • 顧客満足度 第1位
  • おすすめ育毛剤 第1位
  • 最も期待できる育毛剤 第1位
  • AGA関連医師も認める効果
  • 永久返金保証付き

 

 

 

 

 

オーガニックシャンプー【Raburo(ラブロ)】

希少成分【エルゴチオネイン】配合

エルゴチオネインとは? >>

  • 細い髪の毛を太くする希少成分【エルゴチオネイン】配合
  • 肌に優しいオーガニックで老若男女問わず健康な肌になれる
  • 石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料等はすべて不使用
  • 全身洗える優しい仕上がり

 

 

 

 

 

抜け毛、薄毛の原因を根本から改善するには

 

 

【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

発毛実績50,000人の育毛・発毛法
  • 一日5分で効果が実感できる育毛・発毛法
  • 薬を飲んでも効果がなかった人でも発毛できる実績
  • DVDと冊子で正しい発毛の仕方を詳しく説明
  • 育毛サロンやカツラなんかは必要なくなります
  • 365日返金保証付き