髪の毛と運動と生活習慣

髪の毛と運動と生活習慣 【はげを治す方法】
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

髪の毛を延命させるためには適度な運動も必要

 

薄毛を進行させる要因として、遺伝以外にはストレスや睡眠不足、偏った食生活、喫煙、生活の乱れ、運動不足などが挙げられます。

 

ですから気分をリフレッシュさせたりストレスを上手に解消する手段として、適度な運動も心掛けたいところです。

 

運動することによって血流が増えます。ウォーキング程度でも体が温まるということは血流が良くなっているということです。

 

漢方の世界でいうと、運動することによって血の巡りが良くなると、「気」(自律神経)も「水」(リンパ液など免疫系)も良くなります。自律神経のバランスが良くなるということはとても大事なので、適度な運動はするべきでしょう。頭皮をマッサージするより、よっぽど効果的だと思います。

 

例えば、女性の薄毛は「冷え」が原因になっていることもしばしばです。冷えは発毛にもとても悪い影響があるので、実際に冷えを取ったり、血の巡りを良くしたりする漢方を飲むと、毛が生えてくるというケースもあります。

 

同じように、運動によって血流を良くして冷えを斷つということが大事になります。自律神経を鍛えるにも、適度な運動は非常に効果的です。

 

規則正しい生活で髪の毛がフサフサに

 

薄毛は、老化を含めて体の不調を表すひとつのサインです。開き直って、遺伝のせいにしてしまうのは簡単ですが、放っておけば生活習慣病にもつながるような要因もあるので、それらを克服すればある程度は予防できるとは思います。

 

逆に、遺伝子的な不安が本来はない人でも、ストレスを抱え、昼夜逆転した生活を送り、適度な運動もすることもなく偏った食生活を続ければ、髪が早期に抜けてしまう可能性はあります。

 

個人的な話ですが、僕の場合、遅く寝ると風邪を引きやすくなるということもあるので、夜の11時くらいには寝るようにしています。コンビニやテレビ放送が24時間やっている現代では「早い!」と思われるかもしれませんが、以前は10時半くらいには寝ていたほどです。朝起きるのは6時半から7時くらいなので、8時間近くたっぷり睡眠時間を取っています。

 

日本サッカー界のレジェンド「カズ」こと三浦知良選手は、深夜に日本代表の試合がある時だけは起きているようですが、普段は夜8時には寝ると新聞で読みました。ですから、気力も体力も、そして髪の毛もあれはどのレベルを保っているのだと思います。白髪こそ目立ってきましたが、髪の跫でいえばフサフサですからね。

 

50歳でJリーガーとして生き残っていられるというのは、普通に考えるとあり得ないことです。しかし、日常的に運動をして、睡眠もしっかり取り、食事にも気を遣って、ストレスをためず、規則正しい生活を送っているということで、不可能を可能としているのでしょう。ある意味、理想的な生活だと言えます。

 

僕の場合、あまり寝られない日が続くと風邪を引いてしまうわけですが、風邪を引くということは免疫力が下がってしまうということ。ですから、髪にいいわけがありません。

 

そう考えると、若いサラリーマンで「疲れた」「眠たい」が口癖の人は、残念ながらハゲ予備軍ごと言ってもいいかもしれません。

 

それでいて、夜中までスマホをいじったり、深酒をしたりしているようでは、自ら薄毛の進行を早めているようなものなのです。

 

50代になっても生活習慣を改善すれば、三浦選手のように薄毛の発現を遅らせることもできます。髪の毛は抜けても生えてきますが、生えるより抜けるほうが多くなってくると、だんだん薄くなっていくのです。つまり、抜けるのを減らせば薄毛は遅れさせることができるわけです。

 

仕事などでのストレスはしょうがない部分はあるでしょう。そうすると自分でなんとかできるのは睡眠です。「寝る予は育つ」といいますが、髪の毛に対しても、それは当てはまると思います。そう、「寝る子の髪は育つ」のです。

 

始めなければハゲは治りません!


いかがでしたでしょうか? このサイトのトップページで紹介した僕の頭(髪)のbefore-afterの写真や、僕の育毛体験からもわかっていただけたかと思いますが、ハゲを治すには自分の身体のコンディションを整えることがとても大切です。


たとえば、体の調子が悪かったり、体のどこかに問題があれば、その問題の個所を回復させるために、栄養はその部分に優先的に送られていきます。すると、髪の毛や爪といった生命を維持することにあまり関係のない末端部分には栄養が届けられなくなってしまうのです。


髪の毛を育てるには、内側と外側の両方のケアが必要です。どちらか一方のみのケアでは効果はありません。


せっかく体のコンディションを整えても、頭皮を痛めるシャンプーや育毛剤を使ったり、間違ったマッサージ法で頭皮環境を壊してしまっては髪は生えてきません。


いいシャンプー、育毛剤を使って、きちんとマッサージしても頭皮に栄養が届かなければハゲは治りません。


もしあなたが、以前の僕のように何をしてもハゲが治らなくて悩んでいるのであれば、今の生活習慣や使っているシャンプー、育毛剤などを見直してみてはいかがでしょうか。


僕の実感としては、ハゲを治すためには育毛剤が一番重要だと思います。


シャンプーとかは探せば他にも自分に合ったものが見つかるかもしれませんが、育毛剤は絶対に十分な効果が期待できるものを使うべきです。


育毛は間違ったやり方をしなければ必ず結果がついてきます。きちんとしたケアを続ければ髪は生えてきます。諦める必要は全くありません。しっかり育毛に励んでフサフサな髪をとりもどしましょう!


ハゲを治すためには、生活習慣の改善や頭皮ケアなどが大事になってくるのですが、ある程度の時間がかかります。そのため、結果が表れてこないと途中で挫折してやめてしまうんですよね。早く結果を出してモチベーションを上げて継続していくことがフサフサな髪を手に入れるための大事なポイントです。そのために育毛剤はマストアイテムになります。そこで、十分な効果が期待できるおすすめの育毛剤をご紹介します。


https://xn--w8jj4b0a7b.net/#12

このシャンプーがオススメ!


オーガニックシャンプー【Raburo(ラブロ)】

希少成分【エルゴチオネイン】配合

エルゴチオネインとは? >>

  • 細い髪の毛を太くする希少成分【エルゴチオネイン】配合
  • 肌に優しいオーガニックで老若男女問わず健康な肌になれる
  • 石油系界面活性剤、ジメチコン、パラベン、合成香料等はすべて不使用
  • 全身洗える優しい仕上がり



ラブロについて詳細まで徹底的に分析しました!詳細はこちら >>


 



抜け毛、薄毛の原因を根本から改善するには



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛プログラム

発毛実績50,000人の育毛・発毛法
  • 一日5分で効果が実感できる育毛・発毛法
  • 薬を飲んでも効果がなかった人でも発毛できる実績
  • DVDと冊子で正しい発毛の仕方を詳しく説明
  • 育毛サロンやカツラなんかは必要なくなります
  • 365日返金保証付き



【ハゲのカリスマ式】ぐんぐん発毛DVDプログラムの詳細 >>


 

 このエントリーをはてなブックマークに追加